スクラム開発の有用性をご紹介する当サイトについて

スクラム開発の有用性

そこが知りたいスクラム開発

当サイトについて

当サイトについて

当サイトの内容

当サイト筆者は、PHPエンジニアとしてフリーランスで活動しています。システム開発の手法には、ウォーターフォール型の開発やアジャイル型の開発などの様々な手法がありますが、ここでは、アジャイル型の手法のひとつである「スクラム開発」について掘り下げてご紹介します。なお、当サイトへのお問い合わせはこちらの【メールフォーム】よりお願い致します。

時間と努力が必要

スクラム開発は、うまく機能すれば従来の手法を用いるよりも早くて品質の良いプロダクトを生み出すことができる画期的な手法ですが、いざ始めてみるとすぐに様々な問題にぶつかってしまい、めげそうになってしまうことが多いものです。そのため、まだスクラム開発に慣れていない段階ではやり方が定着していないこともあって、非効率的な手法にすら思えてきてそこで断念してしまうチームも少なくありません。確かに、導入してから最初の方はうまくスクラムが機能せず、もどかしい思いをすることもあるかもしれませんが、そこで少し踏みとどまって本気でスクラム開発に取り組むことができれば、当初の予想以上に良い成果をあげることができる可能性があるので、せっかくスクラム開発に関心を持ったのであれば、スクラム開発についての知識をきちんと取り入れて、現場で粘り強く実行してみることをおすすめします。

よくある問題

チームが一丸となって全ての問題に取り組んでいくことが基本のスクラム開発を実行してみると、やるべきことの優先順位がはっきりする一方で、たくさんの問題点もはっきりしてきます。スクラム開発は、問題をどう解決するかをチームで決めるのが原則ですが、自分がやるべき仕事とチーム全体の進捗状況に加え、問題点が次々と出てくるため、どのように開発を進めていけばいいかの判断に迷いが生じてしまうことがあります。そのような状況だけを見ると悪く思えるかもしれませんが、そこからチームでどのように考えて行動するかがとても大切なことであって、スクラム開発に挑戦するチームの多くが1度はぶつかる壁でもあります。

軌道に乗せるために

初めてスクラム開発を導入してから何もかもがスムーズに進むチームはまずありません。そうであれば、なかなかうまくいかないことを理由にすぐあきらめてしまうのではなく、原点に戻ってスクラム開発の基礎を思い返し、どうすればうまく機能するかについて検証してみましょう。スクラム開発の良いところは、チームとの綿密なコミュニケーションがあることなので、スクラムそのものがうまくいかないという問題についても、チームで共に考えて乗り越えることによって、開発を安定した軌道に乗せることができるようになるでしょう。

 

こちらの記事も参考に

  • スプリント(期間単位)のサイクル

    開発プロジェクトを実行するにあたり、優先順位の高い機能から先に開発を行う「スクラム開発」では、工程ごとに短く期間を区切って開発を進めていきます。ここで区切られた期間単位のことを「スプリント」と呼んでいます。スプリントには決まった流れがあるので、チームのメンバーはその流れに沿ってしっかりと連携を取りながら仕事を進めていくことになります。スクラム開発の良い点は、スプリントの流れを一通り見てみると理解することができるでしょう。

  • 方向性を決める舵取り役「プロダクトオーナー」

    スクラム開発のチームに関わるメンバーは少数で、何をするにしても全員で情報を共有しながら一緒に考えて行動するのが原則です。そのため、メンバーに指示を与えるような役割を持つ人はいませんが、情報を提供する役割を担う「プロダクトオーナー」がチームの舵取り役となります。プロダクトオーナーは、開発するプロダクトについてのことやメンバーのことなどについての詳細な情報を把握し、必要な情報をまとめてチームに提示し、全員で共有できるようにします。

  • 「スクラム現場ガイド」読書会に参加する

    思ったようにチームが機能せず、せっかくスクラム開発を採用していてもそれが成果につながらなくて迷いを感じている人や、これからスクラム開発を採用してみようと考えている人であれば、「スクラム現場ガイド」読書会に参加してみるとスクラム開発についての理解を深めることができ、問題の解決方法を見つけることができるでしょう。この会は「スクラム現場ガイド」を持参することができる人であれば、誰でも無料で参加することができます。