話題のスクラム開発について知る

スクラム開発の有用性

そこが知りたいスクラム開発

スクラム開発の有用性

「スクラム開発」という言葉をご存知でしょうか。スクラム開発とは、アジャイル型のシステム開発手法のひとつです。プロジェクトチームのメンバー全員が考えて行動し、目的達成に向けて協力し合って開発を進める手法で、その名の通りラグビーのスクラムが語源となっています。スクラムがうまく機能しなかったり、スムーズに軌道に乗らずに頓挫してしまうなどという問題点もありますが、しっかりと機能すれば生産性が上がります。

当サイトについて

日本でスクラム開発を導入している現場はまだそれほど多くないのが現状ですが、スクラム開発に関心を持つ人は着実に増えています。しかし、従来のやり方に慣れている人達がチームを組んでスクラム開発を実行するとすぐに様々な問題にぶつかってしまい、この手法を用いることをあきらめてしまうケースもあります。当サイトでは、そのような問題をうまく乗り越えてスクラム開発を成功させるために役立つ様々な情報をご紹介していきます。More

当サイトについて

チーム一丸となってプロジェクトを進めるスクラム開発

システム開発といえば、要件定義を基にした設計から開発、テスト、運用まで、上から水が流れるように工程が進むウォーターフォール型の手法がかつては主流でしたが、もうひとつの手法であるアジャイル型の「スクラム開発」では、開発作業を行うエンジニア側とクライアントが共同で開発を行います。プロジェクト全体のゴールは同じでも、優先度の高い機能をしっかりと作り込んでいくことができるこの手法は、システム開発で生じる様々なリスクを軽減することができます。More

チーム一丸となってプロジェクトを進めるスクラム開発

必要なメンバーとその役割

少人数のメンバーが集まって短期間で開発を行うスクラム開発では、どんなに些細な問題でもチーム全体で情報を共有します。原則としてメンバー全員が同じ立場で仕事を行いますが、情報を包括的に把握し、チームに提示することができる責任者や調整者の役割を担う人がいます。プロダクトオーナーはチームの舵取り役として情報提供を行い、スクラムマスターはチームが抱える問題を集め、メンバー全員で考えて解決できるように調整します。More

必要なメンバーとその役割

スクラム開発を極めるには?

「スクラム現場ガイド」という書籍の読書会や認定スクラムマスター資格(CSM)の研修など、スクラムを理解し実践に活かすための勉強方法を上手に活用すれば、開発現場はもっと活気のあるものになりますし、それに伴って成果も出せるようになります。また、日本の開発現場ではまだ希少なスクラム開発の経験があれば、キャリアアップのための転職やフリーランスへの転身を考える際に、魅力的な人材としての自己アピール材料にもなります。More

スクラム開発を極めるには?
 

こちらの記事も参考に

  • スプリント(期間単位)のサイクル

    開発プロジェクトを実行するにあたり、優先順位の高い機能から先に開発を行う「スクラム開発」では、工程ごとに短く期間を区切って開発を進めていきます。ここで区切られた期間単位のことを「スプリント」と呼んでいます。スプリントには決まった流れがあるので、チームのメンバーはその流れに沿ってしっかりと連携を取りながら仕事を進めていくことになります。スクラム開発の良い点は、スプリントの流れを一通り見てみると理解することができるでしょう。

  • 方向性を決める舵取り役「プロダクトオーナー」

    スクラム開発のチームに関わるメンバーは少数で、何をするにしても全員で情報を共有しながら一緒に考えて行動するのが原則です。そのため、メンバーに指示を与えるような役割を持つ人はいませんが、情報を提供する役割を担う「プロダクトオーナー」がチームの舵取り役となります。プロダクトオーナーは、開発するプロダクトについてのことやメンバーのことなどについての詳細な情報を把握し、必要な情報をまとめてチームに提示し、全員で共有できるようにします。

  • 「スクラム現場ガイド」読書会に参加する

    思ったようにチームが機能せず、せっかくスクラム開発を採用していてもそれが成果につながらなくて迷いを感じている人や、これからスクラム開発を採用してみようと考えている人であれば、「スクラム現場ガイド」読書会に参加してみるとスクラム開発についての理解を深めることができ、問題の解決方法を見つけることができるでしょう。この会は「スクラム現場ガイド」を持参することができる人であれば、誰でも無料で参加することができます。