スクラム開発に必要なメンバーと役割

スクラム開発の有用性

そこが知りたいスクラム開発

必要なメンバーとその役割

チームが主体のスクラム開発に携わるメンバー内には、命令や指示が伴うような上下関係はありませんが、プロダクトオーナーとスクラムマスターと呼ばれる特別な役割を担う人が存在します。プロダクトオーナーはチームの責任者として全情報を把握し、チームに情報提供を行います。スクラムマスターはチームが抱える問題を洗い出し、解決を促すために行動します。どちらの役割も重要ですが、決定の権限は持っていないというのがスクラム開発独特の特徴です。

  • 方向性を決める舵取り役「プロダクトオーナー」

    少人数のメンバーで構成されているスクラム開発のチームには、メンバーに指示を与える人がおらず、計画は全てメンバーで考えてチームで決定をするのが原則です。しかし、舵取り役となる人いないと、話し合う題材がまとまらず、向かうべき方向性がわからなくなってしまいます。そこで、チームに必要な情報を提示する役割を担うのが「プロダクトオーナー」です。プロダクトオーナーは、チーム運営に必要な情報を提示することができるのであれば、誰でもその役割を担うことができます。More

  • 円滑に進めるための調整役「スクラムマスター」

    チームワークが最も重要視されるスクラム開発では、命令や指示を与えるような役割を持つ人物はいませんが、チームとして人が集まっているからには責任者や調整役が必要です。調整役にあたる「スクラムマスター」は、チームが常に健全な状態でいられるよう、仕事の妨げとなる問題点を洗い出し、きれいにまとめてからチームに解決を促すのが主な役割です。問題の解決策を考えるのはあくまでもチームですが、スクラムマスターがどのように促すかが重要なポイントになります。More

 

こちらの記事も参考に

  • スプリント(期間単位)のサイクル

    開発プロジェクトを実行するにあたり、優先順位の高い機能から先に開発を行う「スクラム開発」では、工程ごとに短く期間を区切って開発を進めていきます。ここで区切られた期間単位のことを「スプリント」と呼んでいます。スプリントには決まった流れがあるので、チームのメンバーはその流れに沿ってしっかりと連携を取りながら仕事を進めていくことになります。スクラム開発の良い点は、スプリントの流れを一通り見てみると理解することができるでしょう。

  • 方向性を決める舵取り役「プロダクトオーナー」

    スクラム開発のチームに関わるメンバーは少数で、何をするにしても全員で情報を共有しながら一緒に考えて行動するのが原則です。そのため、メンバーに指示を与えるような役割を持つ人はいませんが、情報を提供する役割を担う「プロダクトオーナー」がチームの舵取り役となります。プロダクトオーナーは、開発するプロダクトについてのことやメンバーのことなどについての詳細な情報を把握し、必要な情報をまとめてチームに提示し、全員で共有できるようにします。

  • 「スクラム現場ガイド」読書会に参加する

    思ったようにチームが機能せず、せっかくスクラム開発を採用していてもそれが成果につながらなくて迷いを感じている人や、これからスクラム開発を採用してみようと考えている人であれば、「スクラム現場ガイド」読書会に参加してみるとスクラム開発についての理解を深めることができ、問題の解決方法を見つけることができるでしょう。この会は「スクラム現場ガイド」を持参することができる人であれば、誰でも無料で参加することができます。