スクラム開発を極めると転職やフリーランスにも役立ちます

スクラム開発の有用性

そこが知りたいスクラム開発

経験があれば転職・フリーランスも

経験があれば転職・フリーランスも

スクラム開発を極めるには?

スクラム開発経験を活かしてキャリアアップ

スクラム開発では、ひとつの大きなプロジェクトを短い期間で区切った工程の計画からリリースまでの全てをチーム全員で考えて実行していきます。チームのメンバーは、立場を超えた様々な役割の人で構成されていて、メンバーは自分の作業だけでなくチーム全体の仕事に責任を持ち、問題についても全員で一緒に考えて行動する必要があります。そのため、スクラムを極めると、高いコミュニケーション力を持つエンジニアとして自然と鍛えられていきます。そのような経験を重ねていけば、キャリアアップするために転職やフリーランスへの転身を考えるようになるかもしれません。キャリアアップのためには人材としての付加価値が重要ですが、スクラム開発は従来の開発手法とは違って状況の変化に柔軟に対応することができる手法なので、この経験があるエンジニアはスクラムのノウハウを理解していることだけでなく、新しい環境への順応力があることもアピールすることができるでしょう。

転職やフリーランスへの転身を成功させるコツ

エンジニアとしての経験を活かしたキャリアアップを考える人が大勢いる中で、転職やフリーランスへの転身を無事に成功させる最大のコツは、いかに良いエージェントに出会うことができるかにかかっています。転職サイトやフリーランス向けの求人サイトはいろいろとありますが、利用者の希望をしっかりと理解して、的確なアドバイスと希望に沿った企業や案件を紹介できるエージェントを選ばないと、いくら魅力ある人材であったとしても、良い仕事に出会うことができずに苦戦してしまう可能性があります。そこで、おすすめの転職エージェントとフリーランス向けのエージェントをそれぞれご紹介します。

転職するなら「Rasicu」

スクラム開発経験を活かして転職をしたい人におすすめなのが、転職エージェントの「Rasicu」です。700件以上ある公開案件の中から、スキルや希望単価、参画時期、勤務先を選択して絞り、希望に近い案件を効率的に探せます。地方の案件が多数あるのも特徴。地方在住の方はもちろん、将来的に地方移住を考えている人にも最適です。また、専属のコンサルタントによる一貫したサポートも見逃せません。案件の相談以外に、キャリア相談などもしやすい雰囲気となっています。

参画中のプロジェクトで困ったことや、キャリア相談など少なくとも月に一度はお会いして一緒にお話をさせて頂いております。

上記参照元:Rasicu

求人情報公開中!

フリーランスなら「レバテックフリーランス」

フリーランスに興味はあっても、いろいろな心配があって一歩踏み出せないというエンジニアは少なくありません。経験や技術はあっても自分で営業をして仕事を取ってくる自信がないという人は、フリーランス向けのエージェントとしておすすめの「レバテックフリーランス」を活用してみてはいかがでしょうか。フリーランスになるかどうかも含めて迷っているならば、まずはレバテックフリーランスのカウンセラーに相談すれば、丁寧なヒアリングと具体的なアドバイスを受けることができます。

綿密なヒアリングをもとに、最適な案件のマッチング、企業との商談日程や細かい条件の調整、また注目案件などの案件情報の提供に努めています。

上記参照元:レバテックフリーランス

求人情報公開中! レバテックフリーランスの画像
 

こちらの記事も参考に

  • 経験があれば転職・フリーランスも

    スクラム開発を経験したエンジニアは、その開発手法により培った高いコミュニケーション力と新しい環境への順能力を武器に、転職やフリーランス成功への道が開けます。ただし、キャリアアップを視野に入れて行動を試みるエンジニアは数多くいることを忘れてはなりません。そうしたライバルと差をつけ成功させるには、有益な情報収集と強力なサポート力を期待できる転職エージェント選びが重要です。良い仕事に巡り合うためにも、転職エージェントやフリーランス向けエージェントは慎重に選びましょう。

  • 「スクラム現場ガイド」読書会に参加する

    思ったようにチームが機能せず、せっかくスクラム開発を採用していてもそれが成果につながらなくて迷いを感じている人や、これからスクラム開発を採用してみようと考えている人であれば、「スクラム現場ガイド」読書会に参加してみるとスクラム開発についての理解を深めることができ、問題の解決方法を見つけることができるでしょう。この会は「スクラム現場ガイド」を持参することができる人であれば、誰でも無料で参加することができます。

  • 方向性を決める舵取り役「プロダクトオーナー」

    スクラム開発のチームに関わるメンバーは少数で、何をするにしても全員で情報を共有しながら一緒に考えて行動するのが原則です。そのため、メンバーに指示を与えるような役割を持つ人はいませんが、情報を提供する役割を担う「プロダクトオーナー」がチームの舵取り役となります。プロダクトオーナーは、開発するプロダクトについてのことやメンバーのことなどについての詳細な情報を把握し、必要な情報をまとめてチームに提示し、全員で共有できるようにします。