機能横断型のスクラム開発を極めるには

スクラム開発の有用性

そこが知りたいスクラム開発

スクラム開発を極めるには?

開発の現場にスクラムを取り入れても、なかなかうまく機能せずに苦戦することもあります。スクラム開発は、基本を理解して実行することができれば効果の出る手法なので、しっかりと勉強してこの手法を極めることができれば、良い成果を出すことが可能になるでしょう。スクラム開発についての理解を深めるおすすめの方法としては、「スクラム現場ガイド」読書会に参加したり、認定スクラムマスター資格を目指して研修に参加したりする方法があるので、積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

  • 「スクラム現場ガイド」読書会に参加する

    スクラム開発は、しっかりと機能すれば効率的に成果を出すことができる方法ですが、やってみるとなかなかうまくいかずに苦戦してしまうケースも少なくありません。そんな問題を抱えている人や、これからスクラム開発を現場に取り入れていこうと考えている人におすすめなのが「スクラム現場ガイド」という書籍です。この書籍には、スクラム開発現場で起こる問題やその解決方法などについて書かれていて、東京の五反田で無料の読書会なども開催されています。More

  • 認定スクラムマスター(CSM)を取得する

    認定スクラムマスター(CSM)は、ScrumAllianceが認定している資格です。この資格を取得するためには、認定スクラムマスター研修を2日間受講する必要があります。スクラム開発についてまだ知らない人も多い中、大勢の参加者がいる人気の研修で、スクラム開発を実際に現場に取り入れている人達と出会うことができる貴重な場でもあります。座学だけでなくワークショップもあるので、ゲームなどを通じて楽しくスクラム開発を学ぶことができる魅力的な研修です。More

  • 経験があれば転職・フリーランスも

    エンジニアとしてステップアップするためには、経験と技術力はとても重要です。その点で、スクラム開発という手法を現場で経験しているということは、エンジニアとしての貴重な付加価値になるので、転職やフリーランスへの転身を考える原動力になるかもしれません。しかし、いくら人材としての魅力を多く兼ね備えていたとしても、それを活かせる企業や案件と出会えなければ意味がないので、エージェントはしっかりとしたところを選ぶ必要があります。More

 

こちらの記事も参考に

  • スプリント(期間単位)のサイクル

    開発プロジェクトを実行するにあたり、優先順位の高い機能から先に開発を行う「スクラム開発」では、工程ごとに短く期間を区切って開発を進めていきます。ここで区切られた期間単位のことを「スプリント」と呼んでいます。スプリントには決まった流れがあるので、チームのメンバーはその流れに沿ってしっかりと連携を取りながら仕事を進めていくことになります。スクラム開発の良い点は、スプリントの流れを一通り見てみると理解することができるでしょう。

  • 方向性を決める舵取り役「プロダクトオーナー」

    スクラム開発のチームに関わるメンバーは少数で、何をするにしても全員で情報を共有しながら一緒に考えて行動するのが原則です。そのため、メンバーに指示を与えるような役割を持つ人はいませんが、情報を提供する役割を担う「プロダクトオーナー」がチームの舵取り役となります。プロダクトオーナーは、開発するプロダクトについてのことやメンバーのことなどについての詳細な情報を把握し、必要な情報をまとめてチームに提示し、全員で共有できるようにします。

  • 「スクラム現場ガイド」読書会に参加する

    思ったようにチームが機能せず、せっかくスクラム開発を採用していてもそれが成果につながらなくて迷いを感じている人や、これからスクラム開発を採用してみようと考えている人であれば、「スクラム現場ガイド」読書会に参加してみるとスクラム開発についての理解を深めることができ、問題の解決方法を見つけることができるでしょう。この会は「スクラム現場ガイド」を持参することができる人であれば、誰でも無料で参加することができます。